このサイトは気象予報士に関する情報です。気象予報士を目指している方やこれから目指す方、気象予報士試験を受けようと思っている方にお役に立てます。試験勉強は?試験内容?などの対策のための情報を公開します。

スポンサードリンク

気象予報士とは

気象予報士は、指定試験機関が実施する資格で試験に合格し、気象庁長官による登録を受けた者です。気象庁以外の者が気象予報を行おうとする場合は、気象庁長官の許可を受けなければなりません。そして、事業所ごとに、気象予報士を置かなければならず、予想については気象予報士が行います。
また、必要なのは業務として行う場合なので、個人的に予想するだけなら気象予報士の資格は必要ないし、業務としてやる場合は、予報業務の許可を必要としますので、気象予報士の資格だけでは足りず、予報資料の収集設備や警報の受信設備などを整える必要があります。予報業務の許可を受けた事業者でも、台風の進路など災害に関する現象の予想は気象庁しか発表できず民間の気象予報士が独自の予想をすることは法律で禁止されています。なお、気象予報士の団体として日本気象予報士会があるが、これは任意加入団体です。

■気象予報士関連書籍

気象予報士試験勉強のために必要な書籍をご紹介します。

試験は学科と実技があり、気象概況の読み取り方を天気図などを用いた勉強をしていきます。実技資料の見方やストーリの把握の仕方など試験技術についても対策したおくとよいでしょう。

気象予報士の仕事内容

天気予報は生活の一部になっているといっても過言ではなく、たくさんの場面で広く役立っています。テレビでは天気番組が1日に何度も放送されているなど、気象デートを収集や解析する気象予報士のニーズが高まっている。気象予報士は、民間会社に所属して、気象庁が発表する天気図やアメダス(地域気象観測システム)のデータなどをもとに気象情報を解析し、日々の気温、天気、降水確率、週間予報などを予測します。気象予報会社は、この予測結果を商品の売れ行きや天気に左右されやすく、常に気象情報が必要な契約企業などに提供します。会社によっては、24時間体制で変化する気象情報を送ることもあります。気象予報士の給与形態は、契約会社によって異なりテレビ局で専属契約している場合も、各局で違います。土日祝も関係なく一定のローテンションで出勤する方法が多いようです。また転勤もよくあります。

気象予報士の将来

現在、気象庁から予報業務を許可されている事業者は、全国に50以上あり、気象予報士は約5200人います。
産業、農業、生活関連など、あらゆる分野でそれぞれのニーズに合った気象情報が求められるようになっており、気象予報士への期待は非常に高いと言えます。特に天候が大きく影響するレジャー関係、流通関係や、天気予報番組などのメディアでの活躍が期待されています。

気象予報士になるには

気象予報士になるには、国家試験に合格しないとなりません。受験資格は誰でもありますが、気象予報庁の気象データーを理解して応用する力がないといけません。合格率は非常に低くかなり難問といえます。しっかりと勉強しないと受からない試験です。今までの試験内容を研究し、しっかりとした試験対策をして下さい。

スポンサードリンク

NEXT→気象予報士試験