日本車の海外ブランド化

日本車メーカーは国内外の市場で近年、収益率の高い高級車志向に向かっており、アメリカやアジア諸国の多くが日本車の人気が好調で、特に景気が上昇している中国のも日本車人気が高まっている。トヨタレクサス(セルシオ )は2006年の米国自動車サービス満足度調査で、昨年4位だったトヨタ自動車の「レクサス」がトップに立った。海外市場では日本車の強みであった低価格、高品質の自動車市場を韓国メーカーなど追随メーカーにみすみす明け渡すことになると懸念されています。

日本車のメーカー別特徴

日本車メーカー共通の特徴として、とにかく壊れない。これは日本が誇れる世界一です。そして、日本車メーカーのよってそれぞれの特徴をわかりやすく解説しました。

トヨタ・TOYOTA自動車

日本車最大のメーカーでダイハツや日野自動車などのグループ企業を含めた生産台数では、世界でもGMに次いで2位の位置付けにある。トヨタ本体では軽自動車を生産していません。ハイブリッド車のプリウスを発売するなど、環境問題は積極的で、トヨタのイメージを大きく向上させることにも成功しています。GOAボディやVSCを早くから採用するなど、クルマの安全性に関しても各社をリードする存在であるのトップシェアだけではなくアメリカや世界中で人気があります。トヨタ車の特徴として静かでスムーズな走りは完全に定着しました。新しいマジェスタの4.3LのV型8気筒エンジンは低速域ではとても静かで滑るような走りを実現し、そこからアクセルを踏み込んで行けば実に力強い加速を示し重量級のボディをぐいぐい押し出す、高級車らしい堂々とした感じの走りです。また、カローラなどの一般的な車でも滑らかで静かな走りをします。

しかし、車好きの人には、静かでなトヨタ車は「エンジンの音が聞こえない」という声があるのは確かだ。海外のメーカーはわざわざエンジン音を聞こえるように設計していることも多い。

日産・ニッサン自動車

日産はトヨタに次ぐ日本車メーカーで2位だが、軽自動車を含めた台数ではホンダと2位争いをしている。経営危機に陥ったときにルノーから出資を仰いでおり、現在は外資系メーカーとなっがあの有名なカルロス・ゴーン社長が日産の看板車だった「スカイライン」を復活させたり、日本車業界に新しい経営の風を巻き起こし見事に復活している。日産ではマーチからプレジデントまでの沢山のモデルを生産しており、日産が生産していない軽自動車は、三菱やスズキからOEM供給を受けて、販売を展開しています。最初に超低排出ガス仕様車を発売したり、車線維持+車間距離制御のオートドライブを採用するなど、環境や安全への取り組みについても力を入れている。

批判的な意見としては、日産車のスタイルが格好よくないとか、標準装備されているタイヤなどが車の特徴とマッチしていないなどの声もある。

ホンダ・HONDA自動車

バイクメーカーから発展してきた日本車メーカーで、F1などのモータースポーツでも実績がありエンジン性能は定評がある。ライフからレジェンドまで排気量の幅は広いものの、商用車をほとんどラインナップしない展開をしています。日本国内はもろろん、海外市場を見ても、タクシー仕様車をほとんど販売していない。このあたりもホンダのブランドイメージにこだわった戦略といえる。F1への参戦に代表されるスポーツイメージのホンダだが、ここ数年はオデッセイのヒットに象徴されるように、日本国内ではミニバン系を得意とするメーカーになった。

2002年にはコンパクトカーの「フィット」が大ヒットして販売台数を伸ばしたが、2003年にはその反動も出ました。日本国内で安定した販売を続けるにはまだ課題も残ります。

マツダ自動車

日本車メーカーの中では早くからフォードと提携しており外資系メーカーになっている。ロードスターがギネスブックに載る70万台の販売実績を残すなど、スポーツカーの生産で定評を得ている。セダン系のモデルについてもスポーティな味付けがなされています。また、世界中のどのメーカ-も生産していなかったロータリーエンジンの実用化に1967年に唯一成功するなど日本独自の技術力を持っているのが特徴だ。ロータリーエンジンは低重心・軽量などスポーツカー向きの特徴があるほか、水素との相性が良いので環境エンジンとして日本車しかないエコロジー技術の発展に貢献しています。。

個人的な意見だが今のところこれといってずば抜けているマツダ車がない。次のロータリーエンジンに期待したいところ

三菱・ミツビシ自動車

1917年に三菱A型を生産するなど、元三菱重工業で歴史を持つ日本車メーカー。バブル崩壊後の経営不振のために、ダイムラー・クライスラーから提携し、テコ入れを行ってきたが、2004年に起きたグループ会社および自社の大々的なリコール隠し発覚で、ダイムラークライスラー社も撤退し、その後自力で再生を誓う。現在では三菱再建計画のもと、魅力ある日本車開発を行うことで、消費者からの信用も着実に回復しつつあるがここ1~2年は新型車の投入が少なく、販売台数も伸び悩み状態にある為、日本車市場に受け入れられる新型車の投入が期待されているところ。

スバル・富士重工業

世界的には航空機メーカーをルーツとするメーカーは沢山あるが、日本車では中島飛行機の系譜を受け継ぐのがスバル。従来は日産と近しい関係にあるスバルだったが、現在は日産色が薄れてGM系のメーカー
になっている。かつて、スバル360という個性的な軽自動車を日本中でヒットさせたことからもわかるように、ほかのメーカーにはない特徴のあるクルマ作りがスバルの真骨頂。スポーツカーと変わらない走りをするステーションワゴンのレガシィを人気を爆発させたり、高い操縦安定性を発揮する独自のAWD技術を全車種に展開することなどが特徴である。インプレッサがWRCラリーで3連覇を果たした歴史を持つなど、モータースポーツにおいてもスバルの日本車は極めて高い実力を持っています。

スズキ自動車

戦後いち早くバイクの開発を手がけました。四輪部門では、当時の先進技術を駆使した画期的な軽四輪車「スズライト」を発表して、日本車のモータリゼーション先駆けとなる。現在では、2輪車、4輪車ともに独自の技術と信頼性を武器に発展を遂げ、とくに軽自動車では意欲的なモデルを次々に投入。ワゴンRなどほかにないパッケージングを持たせ成功。ライバルであるダイハツと常に熾烈なナンバー1争いを続けている。

このページの上部へ