内臓脂肪の役割 サポート力チェック

201011151414074c3.jpg

フランス語教材はたくさんあるけど、網野式は何が違うのだろう!?

リンク先のページにも書かれているが動詞にフォーカスを当てています。

私の手元には様々なフランス語書籍がありますが、どれも共通していることがあります。

  • 一番初めは単語
  • 定冠詞と不定冠詞
  • そして動詞、形容詞などを一緒に覚えていく

はっきり言っていろんなことをいっぺんに覚えないといけません。日本語と仕組みが違うのでほんとうに大変です。

だから、言葉というのは全部をいっぺんに覚えるよりも細分化して方が覚えやすいんです。

フランス語や他の外国語は主語の次に何を喋るか御存知ですか?

それは、動詞です。

何を喋るにも主語の次に動詞が来るんです。命令形なら動詞が一番初めになります。

つまり,喋るにしても文法でも動詞がわからないことには話しにならないのです。

もし、フランス人になにか話しかけられても、動詞が出て来なければ全く会話が成立しません。もし、主語と動詞だけでも出てくれば、フランス人も聞く耳をもつことでしょう。

だからこそ、動詞はフランス語をやる上でとても大事なんです。

だけど、日本語って実は世界でもとても珍しい言語で動詞を大切にしていないのです。

「キムラさんは足が速い」

この文章には動詞がありません。速いという形容詞が動詞の代わりをしているのです。

だから、日本人は頭のなかで日本語からフランス語に変換するのが苦手なんです。

まず、外国語を覚える時は動詞を中心にして極めたほうが、語学力がアップするのは間違えないと思います。

私自身、フランスに行きいろいろな人と触れ合えば触れ合うほど、うまく伝えられず動詞の大切さを思い知らされました。それから必死で動詞を勉強した思い出があります。

網野式の教材は安くはありませんが、学校に行ったと思えばかなり安いはずです。正直本屋の教材は何冊も持っていますがほとんど意味ありませんし・・・

⇒網野式教材の詳細 はこちら

網野式+Mixi+Skype

hero-desktop-windows.png

網野式で動詞をちょっとずつマスターしたら、実践して使うことでフランス語を体で覚えることができます。

今は、Mixiのコミュニティなどでも、フランス人と友だちになれますし、「日本語教えて下さい」「フランス語教えて下さい」と言った書き込みも多く見かけます。

相互で教え合えばお金もかからなくて良いんじゃないでしょうか♪

私のマイミクにもフランス人がいますが、日本語がペラペラ過ぎてフランス語の勉強にはなりません(笑)

仲良くなったフランス人とは、Skypeを使って直接喋って聞き取りと喋る勉強をします。

断言しますが、フランス語を話せるようになろうと思ったら、フランス語圏の人と話さなければ無理です。机の上だけで勉強して話せる人は天才すぎです。

実際に話すと、この言葉はこういう風に使うんだ~と言った発見だらけだと思います。そして、多くのフランス人は年下だろうがもの凄くフランクに喋ってくるでしょう。日本人みたいに年下だから敬語なんてことはあまりありません。

教科書のフランス語会話と実際の会話は違うので実践有るのみです。

私は日本の学校でフランス語を勉強して、パリに行って初めて現地のフランス人と喋ったとき、あまりにも通じなくて愕然としました。みなさんはそうならないようにしてくださいね

⇒網野式教材の詳細

beach-nice-france_21760_600x450.jpg

フランス語に限らず、外国語を覚えるのは、やはり実際に喋ることが一番の近道だと私は感じています。

会話というのは、どんどん話が流れていくので、一語一句真剣に聞き取ろうとしますし、こちらも一生懸命伝えようと努力します。これを繰り返すことで日常会話のレベルがどんどん増していきます♪

しかし、動詞をある程度マスターしていないとフランス語で会話するのはかなり困難です。日本語は動詞を大切にして無く無意識に「名詞+述語」で会話していることが多いのです。

あなただって、友だちとしゃべるときに「私は...」と主語からしゃべることは少ないでしょ?だから日本人は外国語を習得するのが苦手なんだと思います。

なので、しっかり動詞を勉強しながら、フランス人と会話したりチャットすることでフランス語が上達していきます。

ネットがない時代ならフランス人と会話するのはお金を払わないと駄目でしたが、今まSNSやSkypeがあるので非常に便利です。

別に網野式の教材なんて購入する必要はありませんが、動詞の覚え方を知らないと5年間しっかり勉強したって殆ど身になりません。

特に動詞の活用の変化はある程度規則性があるので、そこら辺をマスターしていくことが第一歩になります。

⇒興味のある方は網野式教材の詳細は面白いと思います

512uhUOzD8L._SL500_AA300_.jpg

網野式のページにも書かれていますが、この教材は言葉の幹となる動詞から勉強をする方法になります。

英語などの外国語での会話に挑戦したことある人ならわかると思いますが、英語やフランス語でも、まず「主語+動詞」で始まるんです。

私達、日本人は会話のとき主語すらあまり使わない。それにまして動詞も使わずに無意識に会話が成立してしまいます。これは、世界中の言語でも珍しいことなんです。

なので、頭で考えた日本語をフランス語に変換するときに、直に変換することができないんです。頭のなかでは主語と動詞がない場合が多いから、わざわざフランス語の主語と動詞を考えてから喋らないといけないので、スラスラといかないんです。

そして、自分が表現したい動詞が分からなければ会話すら成り立たない。

日本語は動詞を大切にしていないけど、他の言語は動詞が一番大切なんです!

だからこそ、動詞から勉強するのが正しい。

そして、英語との最大の違いはフランス語は動詞活用があるんです。

例えば、「Parler」という動詞。日本語に訳すと、話すという動詞。同じ言葉なのに主語が違うと変化します。
Je parle
Tu parles
Il parle
Elle parle
Nous parlons
Vous parlez
Ils parlent
Elles parlent

左側が主語で右が動詞です。

フランス語の習得は動詞活用を覚えるのが絶対に必要。これで挫折してしまう人が一杯います。私も、この動詞の活用にはうんざりしながら勉強した思い出があります。

こういった、みんなが苦労する動詞をしっかり覚えるための方法を習得することができます。

もちろん、魔法じゃないので、努力しなければ覚えられませんが。

よく単語帳を持ち歩いている人がいますが、本気でフランス語の勉強するなら動詞帳を作ったほうが効率的ですね。

興味のある方は

⇒網野式・動詞フォーカスフランス語入門の詳細はこちら

このページの上部へ

プロフィール

web055.png

名前:龍神(36歳)

25歳の時にフランス語の勉強を始め、2003年よりパリの屋根裏部屋のアパートで3ヶ月生活する。フランス語の勉強は全然覚えられず大変な思いをしながら、フランスで一生懸命勉強しました。

カテゴリ