痴呆症(認知症)はバリデーションで改善 > > 痴呆症・認知症の予防

痴呆症・認知症の予防

アルツハイマーなどの痴呆症の予防方法は現在の所ありません。しかし、予防方法はないが、アルツハイマーの進行を遅らせることは臨床研究には発表されていないが、いくつかあります。

  1. 算数などの単純計算を毎日15分程度やる。これの繰り返しで、寝たきりでトイレも一人で行けなかった方が、歩けるようになりトイレにもいけるようになった。脳を活発に使うということです。
  2. 体を動かす。運動というよりも、手足の指なども動かし手脳に刺激を与える。
  3. たくさんの友人などと交流を持ち,よく笑い楽しく過ごす。老人ホームに犬を飼い始めたら痴呆症の高齢者が変わったという報告もあります。

脳血管性痴呆症の予防方法は成人病予防と一緒です。動脈硬化などなりやすい高コレステロールの食事を避け、多量の飲酒をやめ、なるべく禁煙することです。しかしながら、健康にきを配っている人でも脳血管性痴呆症になることはありますが、喫煙者と比べたら割合がまったく変わります。あまり神経質になる必要はないが、上記にあげたことや適度な運動を怠っているとかなり不健康な体になりがんを含め病気にかかりやすくなるので気をつけましよう。