『淡水エイ』

淡水エイ

淡水エイは、東南アジア産と南米に広く生息しているエイをさします。淡水エイは独特の形や色彩は美しく、人気が高いが大型の水槽でないと飼育することが出来ない。同じ種類の淡水エイでも、模様や色合のバリエーションが豊富なので、好みのタイプを見つけるのも楽しみの一つだ。東南アジア産のエイは汽水域に生息している為、飼育水に塩分を加える必要があり、一般的に淡水エイというと南米産の種類を指すことが多い。また、入荷されるエイの数も、南米産の方が多い。

淡水エイの飼育は水質にうるさい種が多く、特に水槽導入時には細心の注意が必要です。尾びれの付け根にある棘には毒があるので刺されるとかなり激痛が走り、病院にいく必要がある。

淡水エイは砂の中に潜る習性がありますが、砂を巻き上げて濾過装置の目詰まりなどを起こすのでベアタンクで飼育するのがお薦めです。

古代魚の分類別

『淡水エイ』の一覧

アハイアグランディ
アハイアグランディはベネズエラなどに生息する純淡水エイの中では最大種。現地では...
モトロ(オレンジスポット淡水エイ)
オレンジスポット淡水エイの名前で親しまれている淡水エイで熱帯魚ショップでは「モ...
ポルカドットスティングレイ
ポルカドットスティングレイは、アマゾン川などに生息する淡水エイです。ブラックの...
淡水エイの毒棘
淡水エイを飼育する上で最も気をつけなければならないのが、毒棘です。淡水エイは攻撃...
淡水エイの繁殖
淡水エイの繁殖は、卵ではなくグッピーなどと同じで幼魚を生むタイプの卵胎生です。淡...
淡水エイの混泳
淡水エイは自分から攻撃を仕掛けることはないので大型魚であれば混泳可能です。よく...
淡水エイの水槽と水合わせ
水槽 淡水エイを飼育する水槽は大きさなどにもよりますが、ポルカドット・スティン...
淡水エイ 購入の注意
淡水エイを購入するには、まずショップ選びから重要になります。価格で選ぶのではなく...

役立つリンク

アクアリウム関するためになる情報です☆