ラピステトラ

rapis.jpg

ラピステトラはブラジル、グアマ川原産の小型カラシンです。宝石のラピスラズリーに似てる事で付けられた名前で、2000年あたりから輸入され始めました。体側にブラックのラインが入りその上下をメタリックブルーのラインで輝きます。丈夫な品種であるが、美しい色を保つには十分にろ過の効いた飼育水が必要です。高温に強くないので水温はやや低めで飼育するのが望ましい。

餌は人工飼料でもよく食べます。性質は温和で、混泳はサイズが同じくらいなら問題ありません。出回っている、ほとんどがワイルド個体なので寄生虫などに注意が必要です。

動画

の飼育方法

  • 水槽:30cm以上
  • 体長:3cm
  • 水温:23~27℃
  • 水質:弱酸性~中性
  • 餌:人工餌料、生き餌
  • 注意点:高水温に注意

-ラピステトラ-

役立つリンク

アクアリウム関するためになる情報です☆