ノソブランキウス・エガーザイ

ルホイ・リバー産

ルホイ

ノソブランキウス・エガーザイはタンザニア東部に生息しています。金属光沢に輝くボディが非常に美しく人気があります。ノソブランキウス・エガーザイには、体色の赤みが強い「ルフィジ・リバー産」とブルーの色合いが強い「ルホイ・リバー産」が知られています。またボディ全体が金属光沢を持った青色に染まった「オールブルー」と呼ばれる改良品種も作られている。飼育水は中性から弱アルカリ性の新しい水が適している。水が古くなり水質が悪化すると、多くがベルベット病に感染するのでしっかり水替えをして未然に防ぐ必要があります。ベルベット病には、しいくすいに0.3%ほどの塩を加えると予防の効果がある。餌の食べ残しなども水質の悪化の原因になります。

ノソブランキウス・エガーザイは繁殖が難しく、休眠中の卵にカビが生えてしまうことがある。卵の休眠期間は2-3ヶ月である。

別名:ノソブランキウス・エッゲルツィ

動画

ノソブランキウス・エガーザイの飼育方法

  • 水槽:30cm以上
  • 体長:5cm
  • 水温:22~28℃
  • 水質:中性ー弱アルカリ性
  • 餌:人工餌料、生き餌
  • 注意点:特になし

-ノソブランキウス・エガーザイ-

役立つリンク

アクアリウム関するためになる情報です☆