ブライトブルーシクリッド

ブライトブルーシクリッド

ブライトブルーシクリッドはマラウィ湖に生息するシクリッドです。マラウィ湖産の魅力でもある綺麗な色彩でライトブルーの体に、ダークブルーの縞が走るさまをシマウマに例えたの名前が学名を表している。気性が荒く混泳がむずかしい熱帯魚。

ブライトブルーシクリッドは、何でもよく食べるが、現地では藻類が餌のかなりの部分を占めるとの報告があり、植物成分主体の餌を時々与えるようにしたい。ブライトブルーシクリッドはテリトリー意識が強いため、飼育に際してはそれぞれがテリトリーをもてないくらいの高密度での飼育や槽に岩組み等で隠れ場所を増やすことが基本である

オスのしりビレには、エッグスポットと呼ばれる黄色いスポットが存在するので、雌雄の判別は容易である。マラウィ湖産のブライトブルーシクリッドは弱アルカリ性の硬水の飼育水が必要。

ブライトブルーシクリッドの繁殖

メスが卵を口にくわえフ化まで保護するマウスブルーダー・タイプで、繁殖は容易。

飼育方法

  • 水槽:60cm以上
  • 体長:10cm
  • 水温:23~28℃
  • 水質:弱アルカリ性
  • 餌:人工餌料、生き餌(植物性を好む)
  • 注意点:気性が荒いので混泳には気をつける

-ブライトブルーシクリッド-

役立つリンク

アクアリウム関するためになる情報です☆