アイスポットシクリッド

アイスポットシクリッド

アイスポットシクリッドは、ギアナや南米アマゾンなどに分布する最も大型になるシクリッドです。生息地では60cmを超え、飼育下でも50㎝を超えることも珍しくない。アイスポットシクリッドの体色は、成熟した個体では全身が金色や黄色のボディーに、黒い3本の黒色横帯があります。体側に現れる暗色の模様は地域変異が激しく、かつては別種として扱われていた。尾柄部に黄色で囲まれた黒のスポットがあり、「Eye spot」の名前の由来になっている。

アイスポットシクリッドは小魚を好んで食べる食性からゲームフィッシングとしてルアー釣りの人気があり、また、現地では食用にもなっている。生き餌を好むが慣れればクリルなどもよく食べる。大食漢で成長も非常に早い。アイスポットシクリッドは丈夫で飼育しやすいが、幼魚期は水質の変化に弱い。性質はそれほど荒く無いので、同サイズのナマズの仲間などと混泳可能。最終的には120cm以上の水槽が必要。

アイスポットシクリッドの産卵は1年中行われ、岩の表面などに付着卵を産卵します。卵や稚魚はある程度大きくなるまで保護されます。

アイスポットシクリッドの飼育方法

  • 水槽:120cm(W)×60cm(H)×60cm(D)以上
  • 体長:60cm
  • 水温:23~28℃
  • 水質:弱酸性~中性
  • 餌:人工餌料、生き餌(金魚、メダカなどの小魚)
  • 注意点:幼魚の時はあまり発色していない。体色は地域変異がある。

-アイスポットシクリッド-

役立つリンク

アクアリウム関するためになる情報です☆