クラウンキリー

クラウンキリー

クラウンキリーはアフリカに生息する小型の美しい卵生メダカ。ボディーは縦縞が入り、オスの尾ビレにはブルーやレッドの模様が入り、水草をレイアウトした水槽に映える。クラウンキリーの飼育は水質の悪化にさえ気をつければ比較的容易で口に入る餌なら何でもよく食べる。性質が非常におとなしく、サイズも小さいので混泳には注意が必要です。ビーシュリンプオトシンクルスなどの底に住む熱帯魚などおすすめです。以前はレアな熱帯魚だったが、現在は養殖も盛んに行われており価格も安定している。

クラウンキリーの繁殖方法

クラウンキリーは水草水槽での単独飼育なら比較的簡単に繁殖します。水草の茂みにペアで卵を産み付け、産卵された卵は、水温によるが10日から1週間くらいで孵化します。クラウンキリーは産卵までは簡単ですが、稚魚が非常に小さい為育成が難しい。

飼育方法

  • 水槽:小型水槽以上
  • 体長:3cm
  • 水温:23~28℃
  • 水質:弱酸性
  • 餌:人工餌料、生き餌
  • 注意点:水質の悪化に注意

-クラウンキリー-

役立つリンク

アクアリウム関するためになる情報です☆