スワローキリー

スワローキリー

スワローキリーはベネズエラなどに生息している年魚です。背ビレと尻ビレが伸長し美しいシルエットが人気の熱帯魚。体色は地域差がかなりある。スワローキリーは臆病でろ過の効いた綺麗な水を好み飼育は難しく、また高価な為初心者には向かない。餌はブラインシュリンプやアカムシなどの生餌を好む。繁殖はノソブランキウス属と同じようにふ化には休眠期間がある。輸入量は少なくなかなか手に入らなく高価。

スワローキリーの繁殖方法

スワローキリーの卵は水底の土の中に土に押し込むように産卵します。ピートに深く潜って産卵するタイプでは無いので水槽の底にピート敷く。メスが抱卵するようになると、オスがヒレをいっぱいに広げて産卵を誘い美しくなります。ペア飼育では、雌雄のサイズの差が無いほうが良いといわれています。卵の休眠期間は状態によりますが3~5ヶ月程度。繁殖を成功させてふ化させるのはかなり難しい。

飼育方法

  • 水槽:小型水槽以上
  • 体長:5cm
  • 水温:23~26℃
  • 水質:弱酸性
  • 餌:ブラインシュリンプ、アカムシなどの生き餌
  • 注意点:水質の悪化に弱い

-スワローキリー-

役立つリンク

アクアリウム関するためになる情報です☆