淡水エイの毒棘

淡水エイを飼育する上で最も気をつけなければならないのが、毒棘です。淡水エイは攻撃性はほとんどないのですが、むやみに手を入れたりするとエイがビックリして刺します。淡水エイに刺されるとおよそ1週間は激痛が走り、アマゾンのあたりに暮らす人々にも恐れられているそうです。エイに刺された場合は病院に行かなくてはいけなくなるので、細心の注意を払って取り扱ってください。

淡水エイに刺された場合の対処法

棘の返し形状で患部に残る毒針を抜き、傷口を出血させます。そして高温のお湯で患部を洗って患部を高温のお湯に漬ける。すぐに大きな病院へ行き、エイに刺され、「蛋白性の毒」と伝えます。淡水エイに刺されてから一時間後に激痛のピークを迎えるので、早めに対処したいです。


-淡水エイの毒棘-

役立つリンク

アクアリウム関するためになる情報です☆