淡水エイの混泳

混泳

淡水エイは自分から攻撃を仕掛けることはないので大型魚であれば混泳可能です。よくアロワナなどと混泳させているのを見かけます。ただし、プレコナマズ キャット系など生活場所が同じ熱帯魚は混泳させないほうが良いでしょう。プレコはおとなしいですが、体を舐めまわして傷つけたり、淡水エイが覆いかぶさり齧ったりすることがあります。また、ロイヤルナイフなどのナイフフィッシュも齧ったりするのでNGです。淡水エイが混泳でストレスを感じているようなら、砂にもぐる習性があるので底砂に細かい砂を強いてあげると良いでしょう。他種との混泳は中、上層をテリトリーとし淡水エイに攻撃を仕掛けない熱帯魚がお薦めです。

同種間の混泳

淡水エイ同士の混泳はサイズが極端に違わなければうまくいくケースがほとんどです。あまりにもサイズが違うと大型の個体が噛みつき、小さな個体は死んでしまうことがあるので注意が必要。特に成熟したオスは繁殖時に噛む行動を取ります。淡水エイに限ったことではありませんが、混泳が必ず成功するということは言い切れません。魚によって性格も違い、うまくいかないケースもあります。失敗した時の対処も水槽に投入する前に考えておかなくてはなりません。


-淡水エイの混泳-

役立つリンク

アクアリウム関するためになる情報です☆