イエローピーコック

イエローピーコック

マラウィ湖に生息するアフリカンシクリッドでイエローピーコックは数多くの地域変異があり、ショップでは土地の名前などのサブネームがついていることもある。黄色の体色を持つ美しいアフリカン・シクリッドでブルーの魚が多い混泳水槽で、アクセントになります。ただし、イエローピーコックの雄雌を一緒に入れると、まだ産卵準備が整っていないメスは殺されてしまうこともあるので、普段は別の水槽に分けておき、抱卵したら一緒にするとよい。イエローピーコックの繁殖はマウスブリーダー型である。また、オス同士の混泳もトラブルになることもあるので十分に注意が必要です。マラウィ湖の水質は弱アルカリ性の硬水なので、サンゴ砂や硬度上昇剤を使って弱アルカリ性の硬水を維持しなくてはならない。

イエローピーコックを美しく育てるには、単独飼育が良いが、混泳させる場合は匹数を多めに飼育し、トラブルが起こったときに対処できる水槽などを用意できないのであれば混泳は避けたほうが無難です。餌はアカムシや小魚、クリルなどなんでもよく食べますが人工餌料で問題ありません。イエローピーコックの繁殖自体は容易ですが、メスが抱卵するまで別の水槽にしておきます。

イエローピーコックの飼育方法

  • 水槽:90cm(D)以上
  • 体長:15cm
  • 水温:23~28℃
  • 水質:弱アルカリ性:硬水
  • 餌:人工餌料(シクリッド専用フードなど)、生き餌(アカムシ、イトミミズ、小魚など)
  • 注意点:混泳には十分気をつける。

-イエローピーコック-

役立つリンク

アクアリウム関するためになる情報です☆