アルゼンチンパールフィッシュ

アルゼンチンパールフィッシュ

キノレビアス・ニグリピニスは、アルゼンチンに生息しており、アクアショップなどではアルゼンチンパールフィッシュと呼ばれていることが多い。黒っぽいブルーのボディーに白や緑、青などの宝石のように輝くスポットが入る神秘的な美しさです。アルゼンチンパールフィッシュの体色は地域差があり、さまざまなバリエーションがあります。ノソブランキウス・ラコビーと並ぶ人気品種である。キノレビアスの仲間は比較的低温を好むので、夏場の温度上昇には注意したい。アルゼンチンパールフィッシュは年魚でスノが、水槽飼育では1年半程度生きることもできます。アルゼンチンパールフィッシュはブラインシュリンプなどの生き餌、冷凍アカムシなどを好みますが、人工餌料も食べます。飼育自体はそれほど難しくないが繁殖は経験がないと難しい。

アルゼンチンパールフィッシュの繁殖

アルゼンチンパールフィッシュなどのキノレビアスの仲間やノソブランキウスなどは乾期と雨期がある気候で生活しているため特殊な繁殖をします。小さい沼などに生息しており、産卵は水底の産卵床に行い、乾期の時は沼などが干上がった状態になるので卵は土の中で休眠状態でいき続けています。そして、雨期に入るとふ化をはじめ、きびしい環境の中でも1年という短いリサイクルで命をつなげています。水槽の繁殖も似たような状況を作らないと成功しません。自然下と同じ様な環境を作るため、まずペアを別の水槽に移し水底にはピートモスなどをしきます。産卵したら卵を取り出し、アルゼンチンパールフィッシュは約3ヶ月の休眠し、そして水槽に戻してふ化させます。容易ではありませんが1年魚ですのでなるべく繁殖させてあげると良いと思います。

アルゼンチンパールフィッシュの飼育方法

  • 水槽:小型水槽以上
  • 体長:5cm
  • 水温:18~26℃
  • 水質:弱酸性
  • 餌:人工餌料、生き餌
  • 注意点:高水温にはあまり強くない。

アルゼンチン・パールフィッシュ

キノレビアスの仲間


-アルゼンチンパールフィッシュ-

役立つリンク

アクアリウム関するためになる情報です☆