トランスルーセント・グラスキャット

トランスルーセント・グラスキャット

トランスルーセント・グラスキャットはインドネシアやマレー半島など東南アジアに生息しています。体が透き通っていて骨が見える不思議な魚として知られ昼行性のグラスキャットです。トランスルーセント・グラスキャットは東南アジアからの採取個体が多く輸入されており、ポピュラーでショップでもよく販売されています。トランスルーセント・グラスキャットは水温の変化による白点病さえ気をつければ、丈夫で初心者でも飼育が容易です。あまり、泳ぎ回らず群れで定位していることが多い。性質も温和で混泳は可能だが、ナマズの仲間という性質上、口に入るものは何でも食べてしまうので、稚魚などの小型魚とは混泳できない。アカムシやイトミミズなどを好むが人工餌料で問題ありません。蛍光塗料を注入した「カラーグラスキャット」なども売られています。トランスルーセント・グラスキャットの繁殖は難しい。

トランスルーセント・グラスキャットの飼育方法

  • 水槽:45cm以上
  • 体長:10cm
  • 水温:23~28℃
  • 水質:中性~弱アルカリ性
  • 餌:人工餌料・生き餌(アカムシ、イトミミズなど)
  • 注意点:水温の急変に注意

-トランスルーセント・グラスキャット-

役立つリンク

アクアリウム関するためになる情報です☆