ろ過(濾過)フィルターの選び方

熱帯魚飼育を始める際は必ず必要な器具の一つが濾過フィルターです。水槽の水を浄化するシステムで濾過能力が高いほど水質が安定し、病気などもすくなくなります。

上部式フィルター底面式フィルター外部フィルター

上部式フィルター
一般的なフィルターで低価格です。水槽上部に取り付けて中にあるろ過材を通し水を浄化するが排出する時にエアーも巻き込んでしまうためCO2を多く必要とする水草水槽には適さない。
底面式フィルター
底面に敷いてある砂利など全てで濾過するシステムでモーターを使わずにエアポンプを使うので故障が少ない。水草水槽には向かず、掃除は水槽を丸洗いしなければならない。
外部式フィルター
水槽の外部に置くタイプのフィルターで濾過能力が高く、音も静かで水草水槽に適しています。ただ、上の2つと比べると値段が少々高め。

熱帯魚にとって「水」は、人間で言う「空気」と一緒です。しっかりとした濾過システムと定期的な飼育水の交換が大切です。単独飼育などで水草などをあまり入れないで飼育するなら上部式フィルター、水草をレイアウトしたコミュニティータンクを作りたいのなら外部式フィルターがお薦めです。個人的には外部式フィルターはやっぱり、今も昔もエーハイムを使っています。フィルターの一覧はこちらから


-ろ過(濾過)フィルターの選び方-

役立つリンク

アクアリウム関するためになる情報です☆