水槽の選び方

chanet_80731.jpg

水槽は大きく分けてガラス製とアクリル製の2種類タイプがあります。それぞれ飼育する熱帯魚や環境によってメリットとデメリットがあるので十分に注意して購入したい。水槽は飼育する熱帯魚によって、大きさや材質を慎重に選びます。

ショップで買う場合は店員さんに相談するのが一番!

  • 何の魚を買うのか
  • どのくらいの数を入れたいのか
  • 水草は入れるのか
  • 二酸化炭素の添加は必要か

などの条件を考慮して水槽を決める必要があります。友人はアロワナが欲しいと入って60センチ水槽を購入して稚魚のシルバーアロワナを飼い始めたのですが、当然大型魚なのですぐに飼えなくなるほど大きくなってしまい、結局死んでしまいました。。。実際のところシルバーアロワナなら120センチ以上の大きさの水槽出ないと駄目です。

ネットで購入する場合はセットになったものがお得です。しかし、自分にとって本当にその水槽があっているのかなどわからなかったら購入する前にメールで相談しましょう

水槽など熱帯魚の器具が安く買える店はcharmがおすすめです。 さらにもっと安いのがヤフオクの水槽カテゴリなら格安で中古から新品の水槽があります。ただし、中古の場合は写真だけだと傷などが見えづらい事があるので注意が必要です。

水槽の特性

ガラス水槽
重量が重いため持ち運びは大変で加工がしづらいが、傷がつきにくい。
アクリル水槽
重量が軽く、頑丈だが傷がつきやすく値段もやや高めだが、加工しやすくオリジナリティーの水槽が作れる。

一番人気があるのは(たぶん)、ネオンテトラグッピーなどの小型魚を飼える「幅60×奥行30×高さ36cm」、いわゆる60cm水槽です。熱帯魚ショップでも始めて水槽を購入するときに勧められるのがこの大きさではないだろうか?個人的には、私も小型魚だけを飼うのであれば60cm水槽が良いと思います。それ以下の水槽だと水量が少ないため、水質の悪化が早く、水温の変化も気温によって激しく変化するので、あまり小さい水槽は大変です。

ただしプレコを入れると、水槽面を舐めまわすためアクリル水槽だと傷つけてしまい、どんどん見た目が悪くなります。60センチでプレコを入れる場合はガラス製の水槽がおすすめ。まあ、水を張っていると神経質な人でない限りあまり傷は気にならないですが、水が張ってない場所は傷が目立ってしまいます。

アクリル水槽は大型になるほど加工がしやすいので多い。大型水槽の場合はガラスで加工するのは難しいことや、オーバーフローなど水槽に直接穴を開けたりするのでアクリル製が使われます。私的な意見ですが、アクリル水槽のほうが透明度が高いといわれているが、よっぽどの厚さがない限り見た目はまったく変わりありません。

水槽の大きさ

先程も言いましたが、どの程度の大きさの水槽にするかは、飼育する熱帯魚やライフワークによって異なります。小さければ、水換えなどの作業は楽ですが数多くの魚を飼育することが出来ませんし、小さい水槽は水量が少ないため水質が急変しやすい。逆に大きいと水換えや掃除がそれなりに大変ですが、大型魚の飼育も出来ますし、小型魚でも結構な数を入れることが出来ます。水質も安定しやすいというメリットも有ります。


-水槽の選び方-

役立つリンク

アクアリウム関するためになる情報です☆