キノレビアス・アレキサンドリィ

キノレビアス・アレキサンドリィ

アルゼンチンに生息する卵生メダカの仲間です。キノレビアス・アレキサンドリィの美しいボディーには8~9本の縦縞が入るため「バンデッドパールフィッシュ」とも呼ばれる。メスは茶色の体色を基調とした地味めの色彩でとても可愛い。キノレビアス・アレキサンドリィは水質にうるさく、急激な水質変化に弱いので飼育はやや難しい。水換えは少量ずつこまめに行うのが良く、流れのない止水を好む。原種は原産地の気候に雨期と乾期があるためノソブランキウス属と同様に特殊な繁殖方法をとっています。

キノレビアス・アレキサンドリィの飼育方法

  • 水槽:60cm以上
  • 体長:6cm
  • 水温:22~27℃
  • 水質:弱酸性
  • 餌:人工餌料、生き餌
  • 注意点:水質の急変に弱い。

キノレビアス・アレキサンドリィの繁殖

産卵は水底の産卵床に行い、乾期の時は沼などが干上がった状態になるので卵は休眠状態でいき続けています。そして、雨期に入りだすとふ化をはじめきびしい環境の中でも1年という短いリサイクルで命をつなげています。水槽の繁殖も似たような状況を作らないと成功しません。自然下と同じ様な環境を作るため、まずペアを別の水槽に移し水底にはピートモスなどをしきます。産卵したら卵を取り出し、休眠期間の状態にし、そして水槽に戻してふ化させます。容易ではありませんが1年魚ですのでなるべく繁殖させてあげると良いと思います。

キノレビアスの仲間


-キノレビアス・アレキサンドリィ-

役立つリンク

アクアリウム関するためになる情報です☆