ニードルガー

ニードルガー

インドやスリランカなどの東南アジアに生息するダツ科の熱帯魚です。ニードルガーは体が細長く、吻が前方に突き出ています。自然下では40㎝位まで大きくなるが、水槽飼育では20cm程度まで成長します。ニードルガーは原産地では汽水域に生息するが、弱アルカリ性の水質であれば純淡水でも飼育可能です。ニードルガーの繁殖は水草に産卵し、また神経質な性質でもあるので水草を植えるため純淡水の弱アルカリ性の水にすると良い。見た目より凶暴で小さな魚は捕食してしまうので混泳に注意が必要で、驚いたりするとジャンプしたり突進して吻が曲がったりしてしまうため、なるべく混泳は避けたほうが良い。ニードルガーの餌はメダカや金魚など魚食性がつよい。慣らせばクリルなども食べる。調子を崩した時は少し塩を入れると効果的です。

ニードルガーの飼育方法

  • 水槽:90cm(W)×45cm(H)×45cm(D)以上
  • 体長:20cm
  • 水温:22~26℃
  • 水質:中性~弱アルカリ性
  • 餌:人工餌料(クリルなど)、生き餌(子金、メダカ、アカムシなど)
  • 注意点:神経質なためあまり刺激を与えない。

-ニードルガー-

役立つリンク

アクアリウム関するためになる情報です☆