ボララス・マキュラータ

ボララスマキュラータ

マレーシアやインドネシアなど東南アジアに分布するラスボラの仲間の最小種。ボララス属ができる以前はラスボラマクラータ(マキュラータ)と呼ばれていました。赤みを帯びた体に3個の暗青色のスポットがあり、背ビレ、尻ビレの前端は黒く縁取られる。生息域が広いため地域個体差がある。ボララス・マキュラータは非常におとなしい性格で、混泳させる際は小型で温和な熱帯魚以外はなるべく避けたい。水槽の下層から中層をゆったりと泳ぎ、静止していることも多い。餌はミジンコ・イトミミズなどの生き餌を好み、人工餌料もよく食べます。水質があえば繁殖もそれほど難しくない。小型水槽にピートを使って水質調整した水を貼り、その中にウィローモスを入れておけばわりと簡単に産卵します。ボララス・マキュラータの稚魚はかなり小さいのでインフゾリアで育て、ある程度大きくなったらブラインシュリンプの幼生を与えます。 別名:ボララス・マクラートゥス

ボララス・マキュラータの飼育方法

  • 水槽:小型水槽以上
  • 体長:2.5cm
  • 水温:22~27℃
  • 水質:弱酸性~中性
  • 餌:人工餌料、生き餌
  • 注意点:気が弱いので混泳に注意

-ボララス・マキュラータ-

役立つリンク

アクアリウム関するためになる情報です☆