キッシンググラミー

キッシンググラミー

キッシンググラミーはタイやスマトラなどの東南アジアの流れのゆるやかな所に生息しており、この仲間では大型になります。自然だと30cm程度まで成長するが、水槽飼育では20cmくらいまでしか大きくなりません。体色は灰褐色を帯び背部は濃く、腹部は淡い。口元から目の下にかけてメタリックなシルバーがはいります。キッシンググラミーは口と口を合わせ、まるでキスしているように見える行動で知られているが、これは愛情表現ではなく、闘争行動である。餌は人工餌料のよく食べますが、水ゴケや動物性プランクトンを好み、岩などを突っつくような行動をとります。丈夫で飼育は容易だが、キッシンググラミーはほかの熱帯魚を突っついたり、やや気が荒いので混泳には注意が必要。特にヒレが伸長したタイプのベタなどの尻尾などに噛み付いてしまうこともある。キッシンググラミーの産卵は泡巣を作らず、浮性卵を生む。産卵後の親が卵を食べてしまうことがあるので注意。稚魚は水質の急変などで白点病にかかりやすい。

キッシンググラミー飼育方法

  • 適合水槽:90cm(W)×45cm(H)×45cm(D)以上
  • 体長:30cm
  • 水温:23~30℃
  • 水質:弱酸性~中性
  • 餌:人工餌料、生き餌
  • 注意点:グラミーの仲間だが繁殖は泡巣を作らない。あまり強い水流は好まない。

グラミーの仲間


-キッシンググラミー-

役立つリンク

アクアリウム関するためになる情報です☆