ブラックモーリー

ブラックモーリー

メキシコやコロンビアに生息しており、体色が全身ブラックの卵胎生メダカの仲間です。オスの背ビレの外縁だけ橙色に縁取られる。体側に細かい赤いスポットが入るものもある。ブラックモーリーはさまざまな色彩変異、地方変異などが存在するが、日本では黒色以外はほとんど見かけない。一見ブラックモーリーは地味な体色と見られがちだが、水草をレイアウトした水槽ではよく映える。飼育も容易で餌は人工餌料もよく食べ、一度飼育水に慣れてしまえば丈夫に育ちます。ただし、弱アルカリ性の水質を好むので、あまり酸性寄りの飼育水には向かない。調子を崩した時は少し塩を入れると元気になったりします。草食性も強く、ほとんどの熱帯魚が口にしない藍藻(らんそう)などのコケ類も食べるので、掃除屋としても活躍します。繁殖も容易で初心者でも飼育しやすい。セイルフィンモーリーと交配させヒレを伸長させたタイプもあります。

ブラックモーリーの飼育方法

  • 水槽:60cm水槽
  • 体長:オス6cm・メス12㎝
  • 水温:22~28℃
  • 水質:中性~弱アルカリ性
  • 餌:人工餌料、生き餌
  • 注意点:弱アルカリ性の水質を好む。

ブラックモーリーの繁殖

グッピーなどと一緒で卵ではなく子供の状態で生み落とす「卵胎生メダカ」の仲間です。繁殖は容易でオスとメスを水槽に入れておけば、勝手に繁殖を始めるので簡単です。ただし、水草などを入れて隠れ場所を作っておかないと、他の熱帯魚に食べられてしまうので注意です。稚魚にはブラインシュリンプの幼生やイトミミズを細かく刻んだものを与えるとよいでしょう。

モーリーの仲間


-ブラックモーリー-

役立つリンク

アクアリウム関するためになる情報です☆