ノソブランキウスギュンテリー

ノソブランキウス・ギュンテリー

タンザニアなどに生息する非常に美しい熱帯魚のノソブランキウスギュンテリーです。体色は鮮やかな青色で、ヒレは赤く縁取られています。背ビレに赤い斑点があるのが特徴で、色彩変異は多少ある。卵生メダカの中でもラコビーに負けないくらいの美しさを持っています。ノソブランキウス・ギュンテリーの飼育は他のノソブランキウス属の魚に比べ水質・水温に神経質ではなく、繁殖もふ化までの日数が短いなど飼育が容易で入門魚ともいえる熱帯魚です。自然下では雨期と乾期がある環境に生息しており、特殊な産卵習性を持っています。乾期が近づくとメスが底に卵を産みつけ、それをオスが泥の中に押し込むことによって乾期で干上がった湖でも卵が生き続けられます。雨期になると卵はふ化を始める。ノソブランキウスギュンテリーは年魚と呼ばれ1年で世代交代を繰り返すため栄養のある餌で飼育したい。市販の人工餌料のほかイトミミズなどの生き餌を好みます。入門魚というとあまり良いイメージを持たない方が多いが、他のノソブランキウス属でもひけをとらない美しさを持っています。

ノソブランキウスギュンテリーの飼育方法

  • 水槽:小型水槽以上
  • 体長:7cm
  • 水温:23~28℃
  • 水質:弱酸性~中性
  • 餌:人工餌料、生き餌(イトミミズなど)
  • 注意点:一年魚なのでふ化させないと命が短い。

ノソブランキウス属の仲間


-ノソブランキウスギュンテリー-

役立つリンク

アクアリウム関するためになる情報です☆