スリーラインペンシルフィッシュ

スリーラインペンシルフィッシュ

アマゾン河流域、ギアナなどに生息しています。スリーラインペンシルフィッシュは体側に3本の黒色の縦帯が走ることからつけられた名前です。各ヒレの付け根が赤く美しい。発色のしかたは採取場所によって個体差が見られる。ペンシルフィッシュの仲間のうちでも本種が一番であろうといわれる。原産地では水底に腐葉土の堆積した褐色の水域に生息している為か、水質にはうるさくなく飼育が容易です。しかし、汚れた飼育水だと松かさ病になりやすい。

スリーラインペンシルフィッシュは水中や水面に浮く餌しか食べない。浮くタイプの人工餌料ならすぐに慣れます。性質がやや荒く、他種にはあまり攻撃しないがペンシルフィッシュの仲間の混泳には注意が必要。スリーラインペンシルフィッシュの繁殖は卵を水草の裏側に産卵します。

一時期、水槽のコケを食べてくれることで有名になりましたが、実際にはヒゲ状のコケをわずかに食べてくれる程度で、掃除屋としては期待できません。

動画

スリーラインペンシルフィッシュの飼育方法

  • 水槽:45cm以上
  • 体長:5cm
  • 水温:24~28℃
  • 水質:弱酸性~中性
  • 餌:人工餌料、生き餌
  • 注意点:同種間では争う

-スリーラインペンシルフィッシュ-

役立つリンク

アクアリウム関するためになる情報です☆