ブラックゴースト

ブラックゴースト

パラグアイやギアナなどアマゾン河流域に生息するブラックゴーストは熱帯魚として古くから親しまれています。黒色の体色で尾ビレの付け根に2本の淡黄色横断と、吻端から背ビレにかけて黄色い線が入る。目は小さく退化しており、背ビレの1本が糸状に伸びているが欠損している個体が多い。夜行性で尾ビレの付け根から弱電流を流して位置や障害物の認識して餌を探す。ブラックゴーストは長い尻ビレを波紋に動かして自在に泳ぎ回る姿は正に「ゴースト」のようだ。休息する時は横たわる。ブラックゴーストの混泳は近縁種以外で攻撃性がない種類であれば問題ありません。アカムシなどの生餌を好みますが、慣れれば人工餌料も食べます。熱帯魚ショップでは養殖とワイルドが販売されていますが、ワイルドのほうが大きく成長します。ブラックゴーストは丈夫だが水質、温度の急変に弱い。水槽には流木などの隠れ家を作ってあげましょう。ブラックゴーストの繁殖は同種間で争うので難しいでしょう。

ブラックゴーストの飼育方法

  • 水槽:90cm(W)×45cm(H)×45cm(D)以上
  • 体長:50cm
  • 水温:23~28℃
  • 水質:弱酸性~中性
  • 餌:生餌(アカムシなど)、人工餌料
  • 注意点:水質、温度の急変に弱い。

-ブラックゴースト-

役立つリンク

アクアリウム関するためになる情報です☆