アフィオセミオン・ジョーステッダイ

アフィオセミオン・ジョーステッダイ

アフリカのニジェール川流域やカメルーンなどに生息しています。アフィオセミオン・ジョーステッダイは「ブルーグラリス」と英名で呼ばれており卵生メダカの中では15㎝程度まで大きくなる熱帯魚です。オスは鮮やかな青で背面は赤味がかった金色。成長したオスの尾ビレの上下と中央部が伸長してフォーク状になるのが特徴。アフィオセミオン・ジョーステッダイは大型に育ちヒレ先も長い「ナイジェリアタイプ」と小型で色彩の強い「カメルーンタイプ」がある。小さな魚を食べたり、大きな魚と喧嘩をするので混泳には注意が必要。アフィオセミオン・ジョーステッダイの繁殖は水底に入れたピートモスに産み付けられ1~2ヶ月でふ化する。4㎝で発情色になり、産卵するドワーフタイプ。あまり熱帯魚ショップで販売されていない。

アフィオセミオン・ジョーステッダイの飼育方法

  • 水槽:60cm水槽以上
  • 体長:15cm
  • 水温:20~27℃
  • 水質:弱酸性
  • 餌:人工餌料、生餌
  • 注意点:性質が荒い。

アフィオセミオンの仲間

アフィオセミオン・ジョーステッダイ2


-アフィオセミオン・ジョーステッダイ-

役立つリンク

アクアリウム関するためになる情報です☆