ミドリフグ

ミドリフグ画像

東南アジアなどの汽水域に生息するミドリフグです。体の下側が白色で上部は黄色に黒のスポットが入る美しく、泳ぎ方も可愛らしいので人気のある熱帯魚。ミドリフグの飼育はそれほど難しくないが、海水の混ざる汽水域の魚ですので通常の弱酸性や中性の水質では飼育できません。調整剤などでPHを引き上げるのではなく飼育水に人工海水の素を入れないと調子が悪くなります。見た目は可愛らしいのですが性質は荒く、他の熱帯魚のヒレや体をかじるのでミドリフグは混泳に向きません。同種間でも喧嘩などをするため、繁殖や産卵などブリーディングはかなり難関といえます。ショップでは2~3㎝の稚魚をたくさん入れた水槽で販売されていますが、それを真似して水槽で飼育すると成魚になるにつれて気性が荒くなり喧嘩するようになるので、どうしても混泳や繁殖をしたいのなら大きな水槽で珊瑚などの隠れ場所を作る必要があります。餌はアカムシなどの生き餌を好み、乾燥クリルなどのシュリンプ類も食べ、食欲旺盛です。

ミドリフグはあまり病気になりませんが、稀に白点病にかかることがあります。対処法は、人工海水の割合を強くして、水温を引き上げればほとんどの場合は対処できます。魚病薬でも対処できますが、なるべくなら自然の力で直してあげたいです。ほとんどの場合が水槽投入直後にミドリフグは白点病にかかるので、信頼のあるショップで健康な個体を購入し、飼育水の管理をしっかりしていれば、まず病気にならないはずです。

汽水の飼育水をきちんとセットして、単独飼育なら初心者でもそれほど難しくないでしょう。

飼育方法

  • 水槽:45cm以上
  • 体長:10~15cm
  • 水温:23~28℃
  • 水質:弱アルカリ性
  • 餌:生き餌(アカムシなど)、人工餌料(乾燥クリルなど)
  • 注意点:混泳不可。汽水で飼育する。

-ミドリフグ-

役立つリンク

アクアリウム関するためになる情報です☆