レッドチェリーシュリンプ

レッドチェリーシュリンプ

レッドチェリーシュリンプはミナミヌマエビの亜種で台湾に生息しています。体全体が真っ赤に染まる美しい品種で2.5㎝ほどにしか成長しない小型のエビです。餌は植物性でコケや藻の掃除屋さんとしても活躍します。水草を植えた熱帯魚水槽によく映え水槽全体の見栄えが一層よくなります。レッドチェリーシュリンプの飼育は容易でろ過の効いた飼育水で水草を植えておけば繁殖もします。水槽投入後のレッドチェエリーシュリンプは3日程度色が悪いことがあるが、水に慣れてくるときれいな赤色になってきます。特に色揚げの餌などを与えなくても成魚になるにつれしっかりした体色になりますが、個体差は多少あります。ミナミヌマエビの亜種なので、一緒に飼育すると交雑すると言う噂を何度か耳にしたので混泳は避けたほうが良い。そのほかの熱帯魚とは餌にしない品種なら問題ありません。レッドチェリーシュリンプは輸入量が少ないためあまり熱帯魚ショップで見かけません。オスのほうが数が多い。
レッドチェリーシュリンプ・ショップ熱帯魚の通販・販売で購入する!

レッドチェリーシュリンプの飼育方法

  • 水槽:小型水槽以上
  • 体長:2.5cm
  • 水温:10~28℃
  • 水質:弱酸性~中性
  • 餌:人工餌料(植物性)、生き餌
  • 注意点:ろ過の効いた飼育水で飼う。

-レッドチェリーシュリンプ-

役立つリンク

アクアリウム関するためになる情報です☆