アフィオセミオン・ガードネリィ

アフィオセミオン・ガードネリィ

アフィオセミオンガードネリィは、ナイジェリアやカメルーンに分布する卵生メダカで、輝くように美しい赤、青、黄が全身に入ったの熱帯魚です。輸入量がそれほど多くないので、どこの熱帯魚ショップでも売られているわけではない。アフィオセミオンの仲間は繁殖は卵を乾かさなくても水中でふ化させられるので、容易に繁殖できる。アフィオセミオンガードネリィの体色は地域変異種が多いがどれも美しい。飼育はそれほど難しくないが、入門魚としてはお薦めできない。それなりの価格もするのである程度飼育に慣れてから挑戦したほうが無難。飼育水は弱酸性を好み、餌はアカムシが好物です。慣らせば人工餌料も食べるようになりますが、綺麗な体色を保つには、定期的にアカムシも与えたい。アフィオセミオン・ガードネリィはオスのほうが鮮やかで、メスは地味なのですぐ見分けがつく。また混泳は可能だが同種間では、激しく争うので水槽には水草などをいれて、隠れ家をつくる。汚れた水も嫌うので十分ろ過の効いた飼育水で育てたい。卵生メダカは非常に美しいが、特殊なタイプもいるのである程度勉強してから飼育しよう。

アフィオセミオンガードネリィの飼育方法

  • 水槽:小型水槽以上
  • 体長:7cm
  • 水温:20~25℃
  • 水質:弱酸性
  • 餌:人工餌料、生き餌(アカムシ冷凍、乾燥どちらでも)
  • 注意点:ショップでもあまり手に入らない。

アフィオセミオンガードネリィの繁殖

ウィローモスなどの水草を水槽に入れておけば、産卵をはじめます。やや大きめの卵を一つ一つ産み付けていき、約2週間程度でふ化します。混泳の場合は産み付けられた卵を食べられないように移したほうがよい。稚魚の育成もそれほど難しくありません。

-アフィオセミオン・ガードネリィ-

役立つリンク

アクアリウム関するためになる情報です☆