ピグミーグラミー

ピグミーグラミー

ピグミーグラミーはタイやマレーシアなど東南アジアに分布する、グラミー最小の熱帯魚である。体色は体の半分から上はメタリックブルーと褐色の模様が入り美しい。オスのほうがメスよりもヒレの縁が赤くやや細身である。性質も温和で混泳も可能だ。飼育は容易だが稚魚のうちは弱い。ピグミーグラミーは小さいのでいじめられないように混泳する熱帯魚をうまくチョイスして下さい。非常に臆病なので飼育に際しては水槽に水草をたっぷり植え、隠れ場所を作ってあげると良いでしょう。

ピグミーグラミーの飼育方法

  • 水槽:小型水槽以上
  • 体長:3cm
  • 水温:23~28℃
  • 水質:弱酸性
  • 餌:人工餌料、生き餌
  • 注意点:臆病な性格

ピグミーグラミーの繁殖

産卵はオーバーハンディングした所に雄が泡巣を作る。ウォータースプライトやリシアなどの浮き草水槽に投入する。繁殖行動は雄が雌に巻き付く形で行われ、その後雄は素早く反転し卵を口で咥え泡巣へ運びます。ピグミーグラミーの産卵は卵は乳白色で50~100個程度である。稚魚の全長は約3㎜程度。 稚魚が極小のため育てるのが難しい。はじめはインフゾリアやゆで卵の黄身などを与えてからブラインシュリンプの幼生を与えます。

グラミーの仲間


-ピグミーグラミー-

役立つリンク

アクアリウム関するためになる情報です☆