ロングノーズガー

ロングノーズガー

ロングノーズガーは古代魚の一種でかなり大型になるガーパイクの仲間。細いボディーに長い吻が特徴的でロングノーズガーは大型古代魚ファンには人気がある。体色は上部が褐色で腹部は白っぽく、大きめの黒斑が線状に並ぶように入る。各ヒレにもスポットが入る。成長するに従って体色は全体的に薄くなり、銀色の体色に背部がグリーンを帯びて、非常に美しくなる。自然化では2m以上になる個体もある。ミシシッピー川に生息しており、非常に丈夫で温和な性質です。大型肉食魚では珍しく大型の熱帯魚であれば、ロングノーズガーと混泳も可能です。エサは何でもよくだべ固形のアロワナフードやコイの餌なども食べますが、金魚などの生き餌を好みます。混泳の場合はロングノーズガーはあまり俊敏に動けないので餌を全てとられないように注意する。成長が早く、体がかたいので初めから奥行きのある大型水槽を用意。ロングノーズガーなどのガーパイクの仲間は肺魚で、空気呼吸をするため水槽の上まで水を入れてしまうと溺れてしまいます。長生きする熱帯魚で神戸にある水族館では25年以上も生きています。ロングノーズガーの繁殖は条件が揃わないと難しくかなり困難です。

ロングノーズガーの飼育方法

  • 水槽:150cm(W)×60cm(H)×60cm(D)以上
  • 体長:200cm(水槽飼育では80~130㎝程度)
  • 水温:22~28℃
  • 水質:弱酸性~中性
  • 餌:人工餌料、生き餌(メダカ、金魚など)
  • 注意点:肺魚のため水槽の上部は隙間を開けておく。

-ロングノーズガー-

役立つリンク

アクアリウム関するためになる情報です☆