アマゾンソード・プラント

アマゾンソード

アマゾンソード・プラントは熱帯魚の飼育の水草では非常にポピュラーな品種で、ほとんどの熱帯魚ショップで販売されている。鮮やかな緑の葉が美しいやや大きくなる品種で、ハイグロフィラ・ロザエネルビスアヌビアスと並ぶ水草の入門としてお勧めの品種です。CO2の添加は必要無く、大磯でも飼育できるので、熱帯魚メインの水槽でも育つことからエンゼルフィッシュの産卵床としても利用されています。水上葉、水中葉いずれの形でも流通し、様々な環境で対応できる。飼育は容易で、二酸化炭素を添加しなくても育てることが可能。サイズは大きくなることから水槽の中央部分に配置したり、サイドの排水器具などを隠すのに最適です。ただし植え替えを頻繁に行うのは株が弱る為、一度根付いたら動かさないことが美しく育てるポイント。しかし、長期間植え替えずに維持すると60㎝水槽の半分を占めるほどのサイズとなる事もあります。植え直しをすることでサイズを調整できますが、砂利の奥まで根付いているので、底床にハサミを入れて根をカットしながら慎重に引き植え直してください。有茎水草などとちがって、草丈やボリュームを調整するのが難しい。アマゾンソードプラントは高価な水草ではないが、大きく成長するとかなり美しく幻想的なんで是非、挑戦してもらいたい。

飼育方法

  • 二酸化炭素:なるべく添加
  • 葉長:30~50cm
  • 水質:弱酸性~弱アルカリ性、軟水~中硬水
  • 照明:20w×2~3本

-アマゾンソード・プラント-

役立つリンク

アクアリウム関するためになる情報です☆