水草を飼育するための器具

熱帯魚の水草を飼育する為に、熱帯魚と同様必要となるアクアリウム用品の一覧を紹介します。

水槽
熱帯魚の水草を飼育には、全ての水槽を用いる事ができるが、水草本来の美しさや優雅さと楽しむために高さが45㎝以上あるのが望ましい。一般的な60㎝の水槽を高さが36㎝なのですぐに水面に達したしまうが、問題はありません。
照明器具
水草を飼育するには蛍光灯は必需品です。しっかりした光量を確保しないと光合成がうまく行かずかれてしまいます。20wの蛍光灯菅2本セットになったダブルのタイプを使いましょう。60㎝の水槽で20wの蛍光灯菅を4本セットしたい。
ろ過器
ろ過器は様々なタイプがあるが、パワーフィルターが好ましい。一般的な上部式フィルターを使うと水が落下するとエアレーション効果でCO2(二酸化炭素)が逃げてしまうので、せっかくCO2(二酸化炭素)を添加しても外に放出してしまう。用意できない時はCO2を添加しなくても飼育できる水草をえらびましょう。
CO2(二酸化炭素)添加用品
二酸化炭素ボンベと組み合わせて、水中に添付するのが一般的だが、手軽にできるグッツもあります。
底床
熱帯魚の水草の育成用として使用される砂が大磯砂やフィリピン砂でPHや硬度にも気を使わずに使える。ほかにはニッソーやADAなどの「パワーサンド」などは栽培が難しい水草を容易に飼育できる底床です。水草を主体としたレイアウトする場合は使用知ることをお薦めする。
肥料
水草の肥料は液体と固形があり、飼育環境や水草の属性によって変わるので、熱帯魚ショップに意見を聞いたりし、使い分けるようにする。肥料の使用料が多いと藻類が大量発生するので注意

-水草を飼育するための器具-

役立つリンク

アクアリウム関するためになる情報です☆