ピラルク

ピラルク

ピラルクは「アロワナ目アロワナ科」の熱帯魚で、体長3m以上になる世界最大の淡水魚として有名。1億年以上もその姿を変えずにアマゾンで生き続けています。ピラルクは丸太のような体で、頭は横に、尾は縦に平べったい。腹ビレ、背ビレ、尻ビレ、尾ビレは体の後ろ側に集中してついている。体色は黒ぽいものから銀色まで個体差があり、成魚では体の後半部分が赤くなるのが特徴。成魚の体長は最大で5m以上になるものあり、事実上一般家庭の熱帯魚水槽では飼えない。水族館課大型の熱帯魚ショップでしかお目にかかれない。ピラルクは南米のアマゾン河に生息しており、沼地や湖などの流れがゆるい所を好む。熱帯の淡水域では酸欠状態が起こりやすいが、ピラルクはたまに水面に口を出して息継ぎをする。エラ呼吸のほかに、うきぶくろから肺のように空気呼吸が出来るので、酸欠にならず生きていくことができます。肉食性で小魚などを水ごと丸呑みしてたり、ときには水面近くの小動物を食べる事もある。生息地では、古くからもりで突く漁が盛んで食用としています。しかし、数が激減してしまい、現在ピラルクはワシントン条約による保護動物に指定されています。

飼育方法

  • 水槽:特注の大型水槽
  • 体長:350~400cm
  • 水温:不明
  • 水質:不明
  • 餌:生き餌
  • 注意点:ピラルクは普通の熱帯魚水槽では飼えません。

-ピラルク-

役立つリンク

アクアリウム関するためになる情報です☆