松かさ病

松かさ病は体表が膨らんだようになり、ウロコが全て逆立ってマツボックリみたいになる恐ろしい病気です。進行するとウロコが剥がれて、泳げなくなって死亡します。エロモナス菌と言う細菌の感染することが原因で、飼育水が汚れていたり、ろ過器の機能がうまく働いていない場合などに発生しやすい病気です。水質が安定している水槽では、ほとんどおきない病気です。常日頃のメンテナンスを心がけましょう。

治療方法

初期症状の場合は熱帯魚水槽の水を入れ替えたり、粗塩を入れるだけで治ったりします。しかし、症状がすすんでる場合はグリーンFゴールドやパラザンDなどの魚病薬を使って薬浴させましょう。

-松かさ病-

役立つリンク

アクアリウム関するためになる情報です☆