白点病

白点病は、体表やヒレにゴマ粒のような白い斑点が出る病気で一番かかりやすい病気です。初期症状は白い点がついたなと言った程度なのですが、放って置くとどんどん全体に広がりエラにつくと呼吸が異常に速くなり、そのまま放置しておくと死亡します。原因はイクチオフチリウスという寄生虫によるものです。このイクチオフチリウスは高温に弱いく熱帯魚ショップから新しく買ってきた魚を水槽に入れた数日後や水質、水温が不安定な場合によく見られます。水草レイアウト水槽内で小型魚が白点病になった時は、魚病薬を投入されることに躊躇されるときもあるだろうが、そういった場合薄めに食塩をいれ、水温を31度まで上げて対処したい。水温を高温にする為、水草にダメージを与えるが魚病薬によるダメージよりは軽い。

治療方法

治療には水温を31度まで高め、メチレンブルーやアマゾングリーンなどの色素系殺菌剤がよく効きます。青色になる薬浴で3~4日するとたいてい治ります。薬を手に入るのに時間がかかる場合は、塩(粗塩)を入れ、水温を31度まで高めてください。高温に弱い熱帯魚は別の水槽にうつして対処しないと高温で死んでしまう場合もあるので注意。

-白点病-

役立つリンク

アクアリウム関するためになる情報です☆