ダイヤモンドグッピー

ダイヤモンドグッピー

ダイヤモンドグッピーは、比較新しい品種で腰部から尾ビレにかけて淡いブルーが乗るのが特徴。スカイブルーの色合いは独特で、日本人好みの熱帯魚品種といえるだろう。国産グッピーのジャパンブルーに血統が利用された品種である。メスも、本血統のものが比較的入手しやすく、累代繁殖も楽しめる。ダイヤモンドグッピーと混泳可能な熱帯魚は、体長が同程度で、中性付近の水質で飼育できる温和な種が適し、小型のコリドラスオトシンクルスは問題なく混泳できます。エビとの混泳も問題ありませんが、ビーシュリンプミナミヌマエビなどはダイヤモンドグッピーにとっては格好の餌となってしまいます。小型のカラシンコイ・ドジョウの仲間、レインボーフィッシュとの混泳は熱帯魚水槽に十分な大きさがあれば大丈夫ですが、ダイヤモンドグッピーの子供は他魚に食べられてしまいます。

飼育方法

  • 水槽:30cm(W)×15cm(H)×15cm(D)以上
  • 体長:3~5cm
  • 水温:20~26℃
  • 水質:中性
  • 餌:人工餌料
  • 注意点:子供を沢山生むが水槽を分けておかないと、共食いにあったり、ろ過器に吸い込まれる。

-ダイヤモンドグッピー-

役立つリンク

アクアリウム関するためになる情報です☆