『エビ類』

シュリンプなどと呼ばれる熱帯魚のエビ類は水槽の残餌や藻、コケの除去目的で紹介されることが多いが、熱帯魚水槽のマスコットとしてもエビのファンは多い。藻やコケ掃除にも大きな威力を発揮するヤマトヌマエビビーシュリンプは美しく可愛い動きは熱帯魚ファンから注目を集め、次々と新しい品種が輸入や改良品種などが誕生しています。最近ではビーシュリンプの改良種であるクリスタルレッドシュリンプはアクアリストの注目を集めています。エビなどのシュリンプを水草水槽にたくさん入れてしまうと水草を食害するので注意が必要です(通常はそれほど気にする必要はありません)。水草がよく茂った隠れ家の多い水槽では、水質や餌の条件が合えば、ビーシュリンプなどは自然繁殖することもあります。

『エビ類』の一覧

ピントビー(ピントシュリンプ)
ピントビー(別名:ピントシュリンプ,ピントビーシュリンプ)比較的新し...
レッドチェリーシュリンプ
レッドチェリーシュリンプはミナミヌマエビの亜種で台湾に生息しています。体全体が...
ロックシュリンプ
ロックシュリンプは沖縄に生息するオニヌマエビに近縁な種類です。体色は褐色ですが...
ミナミヌマエビ
ミナミヌマエビはヤマトヌマエビよりひと回り小さく植物食性が強いヌマエビの仲間。...
ビーシュリンプ
ビーシュリンプは薄いオレンジ色の体に黒の横縞が入った、名称の通りハチのような小...
ヤマトヌマエビ
ヤマトヌマエビは半透明の体に黒く細かい斑点が入る日本の渓流域に分布するヌマエビ...

役立つリンク

アクアリウム関するためになる情報です☆